会社案内
菓子部門
保険部門
AM部門
地域貢献活動
TOPICS
お問い合わせ
個人情報保護方針

地域貢献活動

「お菓子を通じて横浜の歴史・文化を継承したい」という企業理念のもとに
事業活動を支える地域への気持ちを大切にし、
創業の地である横浜を中心に地域貢献活動に参加しています。
三陽物産

障がい者労働支援

地域のつながりや活動の活性化、労働活動を応援しています
社会福祉施設と連携し、「横浜三塔物語」のPPケースの箱作りにご協力して頂いています。
私たちは、障がいのある方たちが社会生活をより良くおくれる支援をし続けます。
横浜三塔物語

復興支援

売上金の一部を東日本大震災の被災地に寄付しています
2011年7月 横浜の新銘菓として「象の鼻物語・サクサクマカロン」を発売。開港期に横浜の玄関として発展し、関東大震災でも復興を遂げた波止場「象の鼻」から名付けました。
発売以来、売上金の一部は、東日本大震災の被災地に寄付させていただいています。
象の鼻物語・サクサクマ
東日本大震災に対する義援金の寄付を行いました
2011年03月 弊社大阪支店では大阪福祉防犯協会の活動に賛同し、義援金の寄付に協力させて頂きました。
また、本社有志におきましても、日本赤十字社を通じ義援金の寄付等をさせて頂いております。
今後も義援金活動を継続し、微力ながら被災地支援の努力を行って参ります。
被災地の皆さま皆様方の生活が一日も早く復興できますよう、心よりお祈り申し上げます。

復興支援

『ディワリ・イン・ヨコハマ2011』イベントに協力しました
2011年10月 両日に山下公園・お祭り広場で『ディワリ・イン・ヨコハマ2011』が開催されました。
<Pray for Touhoku: 東日本大震災復興支援の祈り>をテーマにチャリティーが行われ、弊社の新商品「象の鼻サクサクマカロン」を協賛させていただきました。
ディワリ・イン・ヨコハマ2011

ボランティア活動

「長者町・福富町等地域環境浄化特別対策推進委員会」(通称F.B.I.)
当社会長 山本紀男が会長を務める「長者町・福富町等地域環境浄化特別対策推進委員会」通称F.B.I.は、地域の安全・安心や美化運動を中心に活動しているボランティア団体です。
年末年始の防犯活動を推進や、定期的に地域のパトロールや清掃活動を行っております。
全国の先がけとしてスタートした「民間交番」の運営は警視庁からご指定を受け、 全国各地の市町村や警察関係者、更に海外からも視察に訪れる方がいらっしゃるほどです。
長者町・福富町等地域環境浄化特別対策推進委員会
2013年8月
伊勢佐木警察署より、長年にわたる地域の防犯支援と警察への協力が認められ、感謝状を授与されました。
2011年03月
「安全で安心なまちづくり」に取り組む活動を実践してきた事が国より評価され、内閣総理大臣賞を受賞いたしました。

環境活動

「大和川クリーンアップ大作戦」に参加
当社大阪支店は大阪福祉防犯協会の一員として、大阪と堺市の境界を流れる一級河川、大和川の下流付近で開催された「大和川クリーンアップ大作戦」に参加しました。
当社はこのようなキャンペーンを通じて積極的に環境活動に取組み、地域の方々との交流を深めております。
大和川クリーンアップ大作戦

遺構保存

創業50周年記念として、遺跡の移設展示費用と
公園整備費用を寄付致しました。
私達は、地域の文化財を守るためには企業の協力が必要であると考え、地元企業として横浜の貴重な遺構の一部を移設し展示・保存することを提案し、実現いたしました。
弊社創業50年の記念活動の一環として横浜市ふるさと歴史財団へ寄付し、本町小学校から出土した“横浜市瓦斯局の煉瓦基礎”や“神奈川台場の礎石”が、横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館の中庭に野外展示されました。
“横浜市瓦斯局”は、明治5年「横浜市瓦斯会社」として開業した日本初のガス会社です。明治8年に経営は横浜町会所に移り「横浜瓦斯局」へ改称、そして明治25年に市営化され「横浜市瓦斯局」となりました。また“神奈川台場”は、勝海舟によって設計された本格的な石積みを土台とする独特の形状をもった台場で、主に祝砲を放つ施設として使用されていたものです。
横浜の歩みとともに活動してきた私達は、今後も地元横浜地域のために協力をしてゆきたいと考えます。
横浜市瓦斯局
売上の一部は横浜の歴史資産保護のため寄付されます
公益社団法人 横浜歴史資産調査会コラボレーション商品
2013年1月 鉄道開通140周年を記念して「ヨコハマ陸蒸気サブレ」を新発売しました。 ヨコハマ陸蒸気サブレ
ヨコハマ陸蒸気サブレ

文化貢献

「宮川香山 眞葛ミュージアム」運営
明治時代、横浜から海を渡り、世界を魅了した“幻のやきもの”横浜眞葛焼。横浜の大切な文化として守り、その技術の高さを伝えるものとして「宮川香山 眞葛ミュージアム」運営させて頂いています。
また「宮川香山 眞葛ミュージアム」では、介護施設等でボランティア活動を行われている登録業者の方(65歳以上)にミュージアムの招待券を進呈させて頂いています。
宮川香山 眞葛ミュージアム

歴史文化振興活動

宮川香山 眞葛ミュージアム 館長による特別授業を開催
横浜市立太田小学校が総合学習の一環として来館され、眞葛ミュージアム館長を講師に眞葛焼についての特別授業を行いました。
また、宮川香山 眞葛ミュージアムでは、横浜市立大学大学院生を迎え真葛焼の講義を開催したり、今後も次世代に横浜に眞葛焼という素晴らしい文化があったことを継承していくため、様々な活動を行っていきます。
宮川香山 眞葛ミュージアム 館長による特別授業
横浜シティガイド協会定例研修会にて講師
横浜市民や横浜を訪れる観光客へのガイド活動、横浜市内の児童・生徒の総合学習等を支援する活動を進めているNPO法人横浜シティガイド協会では、会員の活動内容の充実や向上のため横浜の歴史や街づくりについての知識習得を図る定例研修会を開催されています。
定例研修会に講師として当社社長が招かれ、当社のスローガンでもある「お菓子を通じて歴史・文化を継承する」を講義のメインテーマに、横浜の歴史的建造物の紹介や眞葛焼についての講義を行いました。
横浜シティガイド協会定例研修会にて講師